Search
カウンター
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
大宮駅で
0
    6月15日


    大宮駅に着きますので次回の温泉旅行を楽しみに



    こちらの方々は上野まで行きます。



    私たちは大宮駅で降りました。



    大宮駅に定時に着きました。



    新幹線にはわずかしか乗れませんでしたがお世話になりました。
    次回はどこへ行くのでしょうか。
    楽しみです。


     
    posted by: 17yukemuri | 宝川温泉 | 04:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    早速乾杯
    0
      6月15日


      座ったら早速乾杯です。



      ここなら運転手さんも堂々と気兼ねなく飲めます。
      もう運転することはありません。
      お疲れ様でした。



      こちらの方々は静かに飲んでおります。



      唯一のお抓みですので皆さん一本一本大切に口に運んでいます。
       
      posted by: 17yukemuri | 宝川温泉 | 03:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      新幹線Max谷川に
      0
        6月15日


        11時25分 定刻に新幹線Max谷川が入線して来ました。



        ようやっと乗れます。



        f「今回の温泉旅行も楽しかったですね。」
        m「それより早く飲みましょうよ。」



        席はどこでしょうか。
        もう電車は動いています。
        早く座って飲みましょうよ。
        posted by: 17yukemuri | 宝川温泉 | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ホームへ
        0
          7月15日


          また ぐんまへきてね!  上毛高原駅



          新幹線は11時25分発なのでまだ5分程あります。



          エスカレーターは便利ですね。
          でも階段を上がらないと足腰が弱ってしまいますね。



          ホームは閑散としていました。



          上毛高原駅
          次はもう高崎ですね。



          さて列車が入ってきます。

           
          posted by: 17yukemuri | 宝川温泉 | 05:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          電車が来るまで
          0
            6月15日


            10時47分 電車が来るまでまだ時間があります。



            ここで喉を潤します。



            湯疲れと飲み疲れとが相まって辛そうです。



            こちらの方々は平然としています。

             
            posted by: 17yukemuri | 宝川温泉 | 03:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            上毛高原駅に着きました。
            0
              6月15日


              10時25分 上毛高原駅に着きました。



              送迎バス



              結構大きなバスですね。
              何人乗れるのでしょうか。



              まだ電車が来るには時間がありますね。



              蛍が見られるようです。
              もう一度戻りましょうか。



              駅の左側に観光センターがありましたので、皆さん足がそちらに向きました。
              お土産を買い求めるのに時間はたっぷりありました。
              確かワールドカップが放映されていたので見ましたね。




               
              posted by: 17yukemuri | 宝川温泉 | 04:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              送迎バスに
              0
                6月15日


                送迎バスは本館から来ますので皆さん玄関前で待っています。



                9時40分 バスがやってきました。



                何とか座れました。
                1本飲みたいですね。



                ここでも飲むんですか。



                皆さん席がばらばらになってしまいました。
                前の方に二人座っています。
                 
                posted by: 17yukemuri | 宝川温泉 | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                宝川温泉 汪泉閣 大手門
                0
                  6月15日


                  入口に構える大手門



                  宿泊客も日帰り入浴のお客さんもここを通り抜けます。
                  昨日バスで通り抜けた時にはあまり関心がありませんでした。



                  話をききますと、移築したものかと思いましたらここで造られたそうです。
                  汪泉閣の扁額も掛けられています。



                  大手門
                  寶川温泉

                  大露天風呂入浴 休憩



                  寶川温泉の歴史

                  宝川温泉は民話の時代、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国征伐の折り
                  当地によられ武尊山(ほたかやま)に上られ、病に伏せってしまい困っていると遙か下界より
                  白い鷹の飛び立つのを見つけ、その地に立ち寄ってみると温泉が湧いており、
                  そのお湯につかると病が治り旅を続ける事が出来たと伝えられている。
                  そのため宝川温泉はその昔、『白鷹の湯』(はくたかのゆ)と呼ばれていました。

                  宝川温泉がいつ頃から温泉として利用されていたかは、今のところはっきりした史実や遺跡は発見されていない。
                  しかし近くで縄文人の遺跡が発見されているのを見ると、その時代から利用されていたと考えられる。
                  実際草津温泉などでも縄文の遺跡が発見されているが、その地形や標高などから考えると、決して古代人にとって住み良い場所ではなかったと思われる。実際遺跡が発見されている事実を考えると、古代人にとって温泉が非常に重要な役割をはたしていたのだと考えられている。お湯を沸かす技術はとても難しく、まして全身を温めることは、温泉を除いては不可能だったのであろう。
                  現代人と同じように、温泉は病を治す有効な手段であって貴重なものだったと考えられる。
                  猿が学習によって温泉に浸かっている温泉地もあるが、その姿が古代人のそれに重なって見えます。

                  宝川温泉の名前は、旅館を分けて流れる一級河川宝川に由来している。
                  宝川とは文字通り、宝がとれる川の意味で昭和の初めまで、銅山として採掘が行われていた。
                  古くは江戸の昔から、掘られていたと思われる。

                  宝川温泉が現在の形になったのは、大正時代で、そのころ湯治場としての宿泊施設が作られている。
                  しかし当時は交通の便が悪く、水上から徒歩でこの地を訪れていた。
                  当時は産業としては林業しかなく、材木を引き出すトロッコが唯一の交通手段であった。
                  現在のように発展したのは、昭和20年代後半から始まる一連のダム工事によって道路が建設され電気が通る様になってからである。
                  昭和30年に約2年の大工事により、現在の本館が造られ温泉旅館としての形が整い次々と施設が作られて行った。

                               (宝川温泉 汪泉閣 公式ホームページより)
                  posted by: 17yukemuri | 宝川温泉 | 05:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  「文山」玄関前での記念撮影
                  0
                    6月15日


                    文山(ぶんざん) 



                    全員で記念撮影です。
                     
                    posted by: 17yukemuri | 宝川温泉 | 04:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    出発前
                    0
                      6月15日


                      ロビーでバスが出発するまで寛ぎます。



                      とてもいいお湯なので何回も入りました。
                      湯疲れなのか皆さんあまり動きません。



                      玄関前で記念撮影をします。
                       
                      posted by: 17yukemuri | 宝川温泉 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |