Search
カウンター
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
酸ヶ湯 入浴のエチケット
0
    8月25日


    入浴のエチケット

    左側から 有効な温泉を洗い流さぬこと

         大酒後の入浴は慎むこと

         混浴は男女の標識要注意

         入浴前にはかけ湯して体を洗うこと

         浴槽に着衣で入らぬ清潔感
         



    男・女の入浴区域標識を設けました
     混浴マナーにご協力ください
      
    (男向って左・女向って右)

    中に入るとこの標識が小さいので見のがしてしまいます。



    浴場内撮影禁止なので撮せませんでした。



    19時57分 千人風呂から部屋に戻りました。



    部屋にはもう床が敷かれていました。



    20時ジャスト就寝です。
    まるで修学旅行の子供ようです。
    運転手さんお疲れ様でした。
     
    posted by: 17yukemuri | 酸ヶ湯温泉 | 04:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    酸ヶ湯温泉 「混浴を守る会」 三ヶ条
    0
      8月25日


      部屋で横になってしばらくしてから階段を下りました。



      千人風呂に再度入ります。



      じょうずな温泉とのつき合い方 10ヶ条

      (1)温泉が体に合うと解ったら三廻り10日間が望ましい。
         もっともけん著に効果が表れます。
      (2)からの発汗促進のため、入浴前に茶・さ湯・水などをコップ一杯程飲んでおくこと。
         汗をかくことで体内の水分と温泉成分とが入れ替わってしまうため・・・・
         といわれている。
         ですから入浴前に顔を洗うのは損になります。
      (3)湯治中には顔にも、体にもセッケンは使わない。
         せっかく体に沁みつつある温泉成分を洗い流すことになってしまいます。
         帰宅後も浴効を保つために一両日は入浴を避けること。
      (4)湯治中は化粧はしない。(2)と同じ理由です。
      (5)入浴中は浴槽から出てひとやすみなどはしない。
         続湯が苦痛になったら腰湯・立湯・足湯、あるいは手湯ととにかく体の一部を
         お湯に入れる。
      (6)入浴は食事後一時間〜二時間後に。
         適度な間隔をおいて入浴回数を決める。過度の入浴は薬の飲みすぎと同じです。
      (7)入浴後は、す早く部屋に帰り一時間程フトンで休むこと。
         その間に温泉の体を治す霊力が大活躍する。
         温泉療養者が宿では万年床にしたままなのもこのためである。
      (8)関節炎患者は浴後の途中に発汗状態の患部が外気にふれ患部を冷やさないよう
         注意すること。
      (9)湯もどしは一週間〜二週間くらい後かあまり時間をおかない方がよい。



      御入浴方法順序
      だいぶ古いのでよく読めません。



      国民保養温泉 酸ヶ湯
      「混浴を守る会」三ヶ条
      第一条 男性入浴者は女性入浴者を
              好奇の目で見るべからず
      第二条 女性入浴者は男性入浴者を
              好奇の目で見るべからず
      第三条 混浴は老若男女を問わず
              和を尊び大らかで豊かな
                 入浴の姿を最高と為すべし

             
       
      posted by: 17yukemuri | 酸ヶ湯温泉 | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      酸ヶ湯温泉 お料理
      0
        8月25日


        右上のお料理が
        冷 鉢
         深浦産
          雪の下人参の素麺と蕎麦のサラダ
          青森産長芋 胡麻ドレッシング


        左上のお料理が
        洋 皿
         八戸沖産
         「沖鯖」のスパ一シーマリネ


        中央下のお料理が
        進 肴
         焼茄子豆腐とじゅんさい
          葉山葵添え 




        左上のお皿にのっているのが
        デザート
         青森県産りんご「ふじ」と
           リンゴのケーキ


        左下のお料理が
        蒸し物
         夏野菜の真丈蒸し
            銀あん掛け


        右下のお料理が
        造 り
         季節のお造り




        鍋 物
         青森県産牛
          しゃぶしゃぶおろしポン酢




        季節のお造り



        前菜
         細竹蕗味噌添え
         酢取茗荷
         山菜枝豆
         蕨正油漬

        先付け
         季節の山菜


        香の物
         大根と白菜の葉くるみ漬け




        このみそ汁がまた旨いんですよね。



        18時50分 食べ始めて1時間で横になってしまいました。
        よく食べよく飲みました。
        ご飯も青森県産でどれもこれもみな美味しかったです。
        「余は満足じゃ。」
         
        posted by: 17yukemuri | 酸ヶ湯温泉 | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        酸ヶ湯温泉 夕食
        0
          8月25日


          仙人風呂から部屋に戻りました。



          17時48分 待望の夕食です。



          「じょっぱり」
          津軽弁で「頑固者」のことをいいます。



          美味しそうな茗荷と枝豆、わらび



          お腹がペコペコでしたので早速いただきます。



          このお酒が旨いんですね。
          posted by: 17yukemuri | 酸ヶ湯温泉 | 04:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          酸ヶ湯温泉 鹿内(しかない)仙人物語 辰五郎と棟方志功
          0
            8月25日


            八甲田山酸ヶ湯
                 鹿 内 仙 人 物 語
             八甲田山の山懐に抱かれた青森市酸ヶ湯温泉の前にこんこんと岩から流れ出る清水がある。その名を「辰五郎清水」という。「鹿内仙人」の愛称で親しまれた八甲田山の案内人、鹿内辰五郎(明治十三年ー昭和四十年)からその名をとった。現在の仙人岱の「八甲田清水」も地元では仙人が発見したので「辰五郎清水」と呼ばれていた。
             身長一七0騨召蝓1澆に校劼鬚ぶり、詰め襟の服を着て胸にいっぱいのメダルを着けた特異のいでたち。青森市の農家の長男に生まれ、小学校を出て十三歳から酸ヶ湯温泉で働く。市内から二十キロ余の山道を歩いて荷物を運搬したり、湯治客の山の案内をしたりした。




             八甲田は八甲田大岳(1,585叩砲鮗臺に、北から田茂萢(たもやち)岳、赤倉岳、高田大岳、櫛ヶ峰などの峰々から成る。太平洋側と日本海側の中央に位置するため西からの風雪をまともに受け、厳冬期は緯度の割に強烈な寒さと大量の雪をもたらす。青森歩兵第五連隊の八甲田雪中行軍遭難事件が起きたのは明治三十五年一月だった。
             将兵二百十人のうち百九十九人の死者を出す大事件で、辰五郎はこの時、兵役で弘前の歩兵第三十一連隊に所属、岩木山で訓練していた。八甲田に詳しい辰五郎は直ちに捜索隊に派遣され、沢に迷い込んだ生き残りの五人を発見、救助した。「みそ汁を遭難者に飲ませて生き返らせた」とは温泉従業員の間で語り継がれている話である。




             二年間の兵役を終えた辰五郎は三十六年、酸ヶ湯に戻り本格的に山の案内を始めた。以後、遭難救助で活躍すること数知れず、戦前、戦後を通じて五百人以上の遭難者を救助したという。山を守り、人の命を守る。それが運命づけられたような人物だった。
             文人大町桂月や植物学者牧野富太郎らを案内、数々の逸話を残しているが、辰五郎を語るに青森市出身の版画家棟方志功(明治三十六年ー昭和五十年)の存在は欠かせない。


             志功は青年時代、裁判所の給仕をしながら独学で油絵の勉強をした。夏になると浅虫温泉や八甲田をスケッチって歩く。浴衣掛けに下駄履きで、見掛けに頓着しない人物だった。純粋でひたむきな二人はたちまち意気統合した。

             昭和四年夏に二人は八甲田に登り、辰五郎が笛を吹くとどこからともなくタカが飛来し、頭上を舞う。タカの両翼には日の丸のような模様があった。「志功、あれは神のタカだ。神のタカを見れば偉くなる。世界一になるぞ。」辰五郎が言うと、志功は地べたにひれ伏して手を合わせ、神のタカを拝んだ。









             戦後、志功は数々の国際賞を受賞する。世界のムナカタとなった三十四年夏、酸ヶ湯を訪れたとき、昼食をともにした辰五郎が言う。「おめえ本当に絵が上手になったのか。おれの孫の絵の方が上手に見えるがな。」志功は辰五郎の言葉を聞いて喜びいっぱいに部屋を転げまわった。「やっと子供の境地になれた。」志功は無心の絵の境地に入ったことを仙人に認められ、うれしかったのだ。山案内のとき「ナメクジ」を見つけると、強壮剤になるといって丸飲みし、その仙人ぶりにお客様を驚かせていた。その様子を大町桂月が詠んでいる。
             「なめくじを 喰う男あり ぶな林」   桂月
                             平成十二年九月三日「河北新報」より抜粋



             
            posted by: 17yukemuri | 酸ヶ湯温泉 | 05:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            酸ヶ湯温泉 千人風呂
            0
              8月25日


              これから千人風呂に入ります。



              廊下の上に掲げられていました。
              「こころの てっぺん ふっかふか。」

              千人風呂の中は撮影禁止でした。



              廊下に掲げられていたポスターです。

              青森県
              八甲田山中
              酸ヶ湯千人風呂
              標高九二五m




              この写真は廊下に掲げられていました。



              この写真も廊下に掲げられていました。

               
              posted by: 17yukemuri | 酸ヶ湯温泉 | 04:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              酸ヶ湯温泉 千人風呂へ
              0
                8月25日


                17時ちょうどに廊下に出ました。



                階段を降りると



                注意書きがありました。
                夜も更けてまいりました。
                お就寝中の方もいらっしゃいます。
                スリッパの歩く音意外と響きます。
                ご協力お願いいたします。




                もう一段階の階段があります。



                黙々と歩くお二人さんです。



                この先を左に曲がると千人風呂です。

                 
                posted by: 17yukemuri | 酸ヶ湯温泉 | 03:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                酸ヶ湯温泉 お部屋で寛ぐお二人さん
                0
                  8月25日


                  三階のお部屋に案内されました。



                  ゆっくり寛げる椅子まであります。



                  洗面道具も揃っています。



                  さてゆっくりしたところで



                  一風呂浴びる前に一杯いきますか。



                  とりあえず缶酎ハイでいきましょうや。
                   
                  posted by: 17yukemuri | 酸ヶ湯温泉 | 04:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  酸ヶ湯温泉 お部屋へ
                  0
                    8月25日


                    これからお部屋へ



                    階段を上がって



                    もう一階上まで階段を上がります。



                    ようやく廊下に出ました。



                    お部屋に着きました。



                    おん

                    さて「おんこ」とはどのような意味なのか調べましたら
                    樹木の「イチイ」の東北地方の方言とのことでした。


                                        おんこ(イチイ)
                     
                    posted by: 17yukemuri | 酸ヶ湯温泉 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    酸ヶ湯温泉 ねぶた「鍾馗」
                    0
                      8月25日


                      丑湯祭
                      『土用の丑』の日の丑三つ時(午前2時)に「酸ヶ湯 混浴千人風呂」に入ると、1年中健康でいられるという、古くからの言い伝えがあり、全国からお客様が訪れます。



                      蓑笠の向こうに光っているものがあります。



                      ねぶた「鍾馗」



                       このミニねぶたは、ねぶた師(青森ねぶたの制作者)を目指す弟子が制作したもので、「ねぶた師」の後継者育成の一環として、青森市が取り組んでいます。

                      ねぶた題名 「鍾馗(しょうき)」

                       唐の玄宗皇帝は、熱病に伏して夢を見ました。
                       その夢は『苦しむ枕元で小鬼が悪さをし、楊貴妃の香り袋と玉笛を盗み逃げようとしていたとき、立派な髭の大男が小鬼をあっという間に退治し、皇帝がその大男に名を尋ねると。「私は鍾馗と申します。昔、科挙の試験に落ち自害した際に手厚く葬って頂いたご恩から、天下の災いを除く誓いをたてました。」と答えた。』というもので、夢から覚めると、皇帝の病は治っていました。そこで皇帝は、絵師に命じてその姿を描かせたものが「鍾馗像」です。
                       邪気を払い、子どもの成長を願う縁起物として正月や端午の節句に鍾馗の絵を飾る習慣が生まれ、日本にも伝わったとされています。
                                     制作者 手塚 茂樹


                      このようにして後継者を育てているのですね。



                      そば処『鬼面庵』
                      売店の奥
                      営業時間 10:30〜16:30


                      この時の時刻が15時16分でしたので食べられましたね。
                      残念です。

                       
                      posted by: 17yukemuri | 酸ヶ湯温泉 | 04:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |